スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

看護師の職場2・・・パート2

今回は老健・特養などの老人施設についてです。 まず、大きく分けると、老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームがあります。1つ1つについて述べていきたいと思います。


・老人保健施設


老人保健施設は、簡単に説明すると病院と特別養護老人ホームの中間に値します。つまり、医療行為も行う老人施設です。老人施設の中では、看護師の重要性も高く、夜勤もあります。療養型の病院と働く環境としては似ているかもしれません。給与面では病院より安くはなりますが、夜勤がある分極端に安くはなりません。大体夜勤手当を含めて総額20万後半といったところでしょうか(関西)。また、病院と併設型になっている場合が多く、病院での在院日数短縮のために利用している場合もあります。


・特別養護老人ホーム


介護保険適用の完全な老人施設です。看護師の夜勤はなく、日勤帯のみで働きたい方には最適な環境です。但し、介護職の方の立場が強く、看護師としての仕事を全うしたいという気持ちが強いと続きません。看護師といえど介護を行うという心構えで勤務することが重要になってきます。これは、私の担当した看護師の例になりますが、看護師として40年近く勤務し、看護部長も経験された方が特別養護老人ホームを希望しました。理由はお年寄りの介護がしたいということと、1人1人とじっくりと関わっていく職場で勤務したいということでした。理由としては特別養護老人ホームでの勤務を希望するにあたって、何も問題ありません。しかし、勤務3日で辞めてしまいました。介護職の方に指示を受けるのが耐えられなかったようです。よっぽどの心構えが必要になると思います。


・有料老人ホーム


 こちらは、特殊なものになります。特別養護老人ホームと似ていますが、企業が行っているものが多く、医療の現場ではありません。利用者の方も、多くのお金を払って入居しています。給与面でも、かなり安くなり20万前半が多く、接遇面も厳しくトレーニングを行うところが多いです。医療現場で働くという認識ではなく、ホテルでホテルマンとして働くという方があっていると思います。看護師とは違う仕事がしたいが、せっかくの資格を無駄にはしたくないという方に最適かもしれません。 パート2は以上です。次回はCRCなどの一般企業について綴ります。

[看護師の職場2・・・パート2]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 00:41:29|
  2. 看護師情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

看護師の職場2・・・パート1

今回から4回にわたり、以前紹介した看護師の職場
の労働条件等綴りたいと思います。


大きく分類すると以下の4つになります。


・病院・クリニックなどの医療機関
・老健・特養などの老人施設
・CRCなどの一般企業
・検診などの単発もの


今回は病院・クリニックなどの医療機関について説明します。


・病院・クリニックなどの医療機関


基本は病院は交替勤務です。2交替、3交替があり
ますが、現在では2交替が主流になりつつあります。
3交代の方が看護師数が必要になるからです。但し
地域によってむらがあります。例えば京都は3交替
が多いなどです。また、療養型はほとんどが2交替、
夜間救急患者数が非常に多い病院では3交替が
多かったりします。


日勤帯のみで常勤で働きたい場合は、外来勤務が
ほとんどです。しかし、看護師不足が加速化していく
中で、病棟の日勤常勤の採用を行なう病院も増えて
います。また、手術室勤務も日勤のみで可能なところ
もありますが、オンコールや日勤は手術室で夜間は
救急外来勤務という病院もあります。


給与面や日勤のみの勤務を考えると、透析室という
選択もあります。但し、日勤帯といっても2クール、
3クール行なっているかで、かなり違います。2クール
の場合は、18時までには終わりますが、3クールの
場合、日勤帯と準夜帯があります。給与も危険手当
(透析手当など)がつき、3クールのクリニックであれば
月収35万以上が可能です。病院は安いですが。


最近人気が高いもので、訪問看護があります。基本は
日勤のみのお仕事です。しかし、常勤となるとオンコール
がある場合が多いです。その場合、車を持っている(運転
できる)ことが必須条件になることが多いです。


クリニックは日勤のみで勤務可能な職場ではあります
が、地域によっては中抜け時間が長く、常勤の場合
帰りが20時を過ぎるところも多いです。また、土曜日
も午前診がある場合が多く、4週6休が多いです。
この4週6休というのは、例えば木曜日の午後と土曜日
の午後、後日曜日という感じのものです。



最後に常勤、非常勤別に勤務場所を紹介します。


常勤交替勤務・・・病棟手術室、ICU、救急外来


常勤日勤・・・外来、手術室※、病棟※、訪問看護


         透析室、クリニック


非常勤(フルパート)・・・クリニック外来、病棟、訪問看護


                透析室


非常勤(週2~3)・・・クリニック、訪問看護、外来




※は可能なところもある。


緑は求人の多いもの、医療機関が望む採用の形。






長くなりましたが、今回は以上です。

[看護師の職場2・・・パート1]の続きを読む
  1. 2006/12/25(月) 20:41:41|
  2. 看護師情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。